東方ProjectとかBEMANIシリーズとかが好きな人のブログ、こんなブログ名で大丈夫なのか

第11回人気投票結果(キャラ部門)の戯言
5/24~5/31で人気投票がありましたね。
データ消失によるID再発行のメールが何故か8通届いて驚きました。
内容は全く一緒だったようなので誤動作でしょう。
1人1アドレスは守っていますが、こんなに届いたのは私だけだったのでしょうか……

さて、結果のほうは勢いそのままに頂点に立ってしまった、というところでしょうか。
そして今回の秋サンドはイチゴ味ですね。

数字を用いながらだらだらと以下に自己満足で考察してみようかなと。

貴重な時間ですよ? よく考えてくださいね?


おことわり
ここに書いている数値は投票結果より引用していますが誤りがある場合があります。
ミスがあるかもしれませんが適当に流してください。
ここではいろいろな角度から勝手に判断してみます。
いわゆる旧作キャラは考えません。 win版キャラと書籍・CDキャラのみです。
結果は投票者の気分や直近の販売物、流行により変動が大きいのであまり考えすぎないほうがいいと思います。
順位に関わらず自分の好きなキャラを好きと言えるようにしましょう。


1.前回から今回までに販売された作品
はじめに、前回の人気投票(2014年2月23日~3月1日)から今回の人気投票までに発売されたゲーム、書籍を挙げてみます。
*鈴奈庵2巻(発売は2014年2月26日)
○弾幕アマノジャク
*茨歌仙4巻
・(弾幕アマノジャク ゴールドラッシュ)
*鈴奈庵3巻(限定版/通常版)
*茨歌仙5巻
○東方深秘録
○東方紺珠伝体験版
・その他二次創作品

※東方Wiki - 東方年表参照


2.投票人数の動向
一押しは1人ひとつ必須のようなので一押し数の総計を投票人数と考えました。
・前回:31022
・今回:32244

前回より1222人、割合で表すと約3.94%の増加ですね。

ちなみに投票する人たちは枠いっぱいに投票するのでしょうか?
算出してみましょう。
・総ポイント数:187182
・総一押し数(投票人数):32244

1人あたりのポイント数:187182÷32244 = 5.805…
1人につき最大6ポイント(一押し2ポイント必須 + 1ポイントが4枠)なので大体の人が枠いっぱいに投票しているようですね。


3.順位の変動
順位はすぐに見るところのひとつだと思いますが、どのくらい順位が変動したのでしょう。
ベスト5とワースト5を出してみました。

ベスト5
1.鬼人 正邪 :+29 (56→27)
2.宇佐見 蓮子:+15 (37→22)
3.マエリベリー・ハーン:+11 (62→51)
4.物部 布都:+10 (35→25)
5.多々良 小傘:+8 (28→20)

ワースト5
1T.蓬莱山 輝夜:-10 (29→39)
1T.寅丸 星:-10 (48→58)
1T.八坂 神奈子:-10 (49→59)
1T.稗田 阿求:-10 (59→69)
5.八雲 藍:-9 (27→36)

ベスト5は弾幕アマノジャクと深秘録・心綺楼の影響が大きく出ている気がします。
小傘は不明ですが……
ワースト5は他のキャラに票を取られてしまったのかなと、すみませんよく分かりません。


4.ポイント数ごとのキャラ分布
さて、ここで気をつけておきたいことがあります。
それは、順位が大きく変化したからといって票数が大きく動いたというわけではない、ということです。
ポイント数のキャラ分布を考えてみましょう。

今回のポイント数
・7001~9999:3人
・6001~7000:1人
・5001~6000:5人
・4001~5000:3人
・3001~4000:6人
・2001~3000:19人
・1001~2000:21人
0243~1000:36人(旧作3人含む)
※243:キスメ(94位)
・~242:その他

このように、3001ポイント以上は18人しか居ません。
同時にそれ以下はかなり混み合っていることが分かります。
下位になるほど小さなポイントの変化で順位が大きく変動しやすいということは気をつけておきましょう。
要するに上位キャラは圧倒的ポイントということですね。


5.ポイント数と一押し数の変動
ポイント数は(一押し数)×2 + 一押し以外の得票数 で表されます。
一押しはいわゆる嫁枠といえば分かりやすいのでしょうか。
これが少なくなるということはより魅力的なキャラを見つけられてしまった(浮気された)ということになるのかもしれません。
ポイント数と一押し数の変動のベスト5、ワースト5、ほぼ変化がなかった人たちを見てみましょう。

ポイント数ベスト5
1.古明地 こいし :+1796 (6063→7859)
2.藤原 妹紅:+1356 (3934→5290)
3.鬼人 正邪:+1196 (1107→2303)
4.鈴仙・優曇華院・イナバ:+873 (2346→3219)
5.霧雨 魔理沙:+732 (6495→7227)

一押し数ベスト5
1.古明地 こいし :+498 (1105→1603)
2.霧雨 魔理沙:+272 (1447→1719)
3.鬼人 正邪:+240 (97→337)
4.魂魄 妖夢:+215 (1107→1322)
5.藤原 妹紅:+213 (808→1021)

ポイント数ワースト5
1.風見 幽香:-820 (3885→3065)
2.霊烏路 空:-479 (2902→2423)
3.アリス・マーガトロイド:-438 (5383→4945)
4.東風谷 早苗:-416 (4573→4157)
5.聖 白蓮:-377 (2688→2311)

一押し数ワースト5
1.風見 幽香:-196 (785→589)
2.アリス・マーガトロイド:-177 (1256→1079)
3.東風谷 早苗:-167 (1059→892)
4.霊烏路 空:-127 (569→442)
5.西行寺 幽々子:-72 (2688→2311)

ポイント数の変化が小さい人
・キスメ:0(243→243)
・九十九 八橋:-1(269→268)
・射命丸 文:+2(4638→4640)
・レイセン:-4(124→120)
・小悪魔:+5(740→745)

一押し数の変化が小さい人
・変化なし:名無しの本読み妖怪(朱鷺子)、雲山
・-1:レイセン
・+2:星熊 勇儀、因幡 てゐ、リリカ・プリズムリバー、メルラン・プリズムリバー

ベスト5は正邪・こいし・妹紅が目立ちますね。
そして何故か魔理沙、前回は結果が思わしくなかったのでしょうか。

ワースト5は幽香・アリス・早苗・お空でしょうか。
安定して票を取る印象がありましたが、慣れられて逆に刺激が足りなくなったのでしょうか……?

ポイントの動きが小さいキャラに文が居ます、上位なのでなおのこと意外です。
とはいえ総票数がそれ以上に増えているので実質少しマイナスになるのかもしれません。


6.一押し率
これは、そのキャラに投票した人のうち一押しをした人の割合を指します。
既に他の方がやっていらっしゃると思いますがここでも出しておきます。
算出方法は、(一押し数) ÷ {(ポイント数) - (一押し数)} ×100 です。
一押しは2ポイントになるので人数を出す場合は一押し数だけ引く必要があります。
この値が大きいほどコアなファンが多いか他のキャラは知らないけどこのキャラは知っているということになるかと思います。
対してこの値が小さいほど一押しにはしないけど好きという、万人受けしやすいタイプといえるかもしれません。

一押し率が高い5人
1.リグル・ナイトバグ:35.6%
2.魂魄 妖夢:32.1%
3.霧雨 魔理沙:31.2%
4.博麗 霊夢:29.0%
5.紅 美鈴:28.0%

一押し率が低い5人
1.本居 小鈴:6.33%
2.ルナチャイルド:6.96%
3.わかさぎ姫:7.90%
4.マエリベリー・ハーン:7.98%
5.宇佐見 菫子:8.00%

リグルは一押し率の高さに定評があります。
美鈴が高いのは意外ですね、一途な人が多いのでしょうか。
一方小鈴は一押し率の低さに定評がある印象です。
新キャラは支援として一票入れる人も少なくないので次回はもっと一押し率が上がると思います。


7.Hotなキャラは誰?
まとめとしまして、誰が最近熱いのかを考えます。
今回は単純にポイント数の前回比で考えます。
今回のポイント数を前回のポイント数で割るだけです。
パーセントで表記するので算出された値を100倍しています。
ポイント数が少ない(日の目をあまり浴びずに人気が高いとはいえない)キャラにたくさんポイントが入るとこの値は大きくなります。
というわけで、結果はこうなりました。

1.鬼人 正邪:+108%
2.鈴仙・優曇華院・イナバ:+37.2%
3.宇佐見 蓮子:+36.4%
4.藤原 妹紅:+34.5%
5.マエリベリー・ハーン:+32.5%

やっぱりアマノジャクと深秘録と紺珠伝の影響が大きいですね。
正邪は圧倒的ですね。
人気になって苦しむことになるでしょう。
無事に地位を確立できるか、はたまた。
鈴仙もついに自機化です、頑張れ。
妹紅はさらなる人気に火がつくかもしれません、再燃とも言えますが。
秘封倶楽部はCDオススメです(突然の宣伝)。


8.おわりに
勢いあまってこんなことをしてしまいました。
自分の好きなキャラをしっかり見つけることが大切だと思いますが、こういう変化があると思うと驚きですね。
こいしが1位になったことでさとり同様これからはベスト10の常連入りかと思います。
間違っても俺の嫁、誰にも渡さん! などと言わないようにしましょう。

黄昏のこいしと地霊殿のこいしのギャップが大きいのも不思議なものですがそういうところがまた面白いですね。

いろいろなキャラの魅力を見つけて、好きなキャラを好きと貫けるように。
これからも私は椛を一押しし続けます。
影狼も好きです。


以上、長文失礼しました。




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

Copyright © まぁお茶でも。 っ旦. all rights reserved.